中央大学落語会 春風亭三朝真打昇進記念落語会

去る722日土曜日に中央大学落語会が駿河台記念館でありました。

この落語会も今回で4回目を迎えます。

今回の演者は、春風亭三朝師匠で、以前もこの落語会にご出演頂いたことがあります。
その頃は二つ目で朝也さんでした。

今回はめでたく真打になられ改名されました。
当日は50人ほどの方が聴きに来られました。噺は「壺算」と「船徳」。後者は、夏の暑さをしばし忘れさせる噺として有名です。

三朝師匠はさすが、「NHK新人落語大賞」大賞受賞 の実力をいかんなく発揮し、観客を江戸時代にいざなってくれました。

落語を楽しんだ後は、<なまはげ>(銀座店)で旧交を温めました。

次回の落語会があればぜひ行ってみたいと思いました。

文筆: 河合史門


  






  





クリックすると拡大します。