東都大学野球春季リーグ 対拓殖大学戦報告

4月29日㈬朝10時に神宮球場に集合で9人の会員が集まりました。

時間通り10時半に拓殖大学戦試合開始。
浜田高校出身の村川投手が先発。
第1週の専修大学戦で連敗しどうも盛り上がらないかなと思いつつも試合が始まれば応援に集中しました。
今年も応援団・チアも充実していました。

以下、当日の試合の経過です。

【2回裏】
4番小川(拓)が2ベースヒットで出塁、6番佐藤のゴロの間にランナーが進塁し、2死3塁とすると、7番松田の打球をサードがエラーし1点。

【3回裏】
3番小河、4番小川(拓)がヒットで出塁し、2死1・2塁とすると、5番泉澤のセンターへのタイムリーヒットで1点。
泉澤の打球をセンターがエラーし1点。
この回2点。

【4回裏】
7番松田のレフトへのソロホームランで1点。

【8回表】
7番鈴村が2ベースヒットで出塁、8番今里のゴロの間にランナーが進塁し、1死3塁とすると、9番井田のセカンドゴロの間に1点。
(完封ならず)

勝利の美酒を頂くために新宿に移動して銀座サッポロ新宿に行きましたが、どの階も一杯。
同じようなことを考えている人間が多いんだな~
何とか、ジンギスカン鍋の店に入りました。

そこには、秋田監督のお兄様も合流してくれました。
監督の話に盛り上がりながら今後の応援を誓い合いました。

今季は、結果勝ち点で専修大学に並びましたが勝率でわずかに及ばず2位でした。
秋季に期待したいものです。